最高のカフェタイムを自宅で手に入れたい

あなたもそんなことを頭の片隅に1mmぐらいは思いながら、今も自宅で作業をしていませんか?

それはよくある話でわかります。でも、そんなの自分が最高だと思えば一瞬にしてできちゃうんですね。

ですが、

最高のカフェタイムで飲むカップを固定したい

 

というのは、思うだけでは残念ながらできないんです。

 

いやいや、それも思うだけでできるだろう!
と思ったあなたは甘い。

 

おそらく、今回紹介するタンブラー。その名もサーモスタンブラーを紹介するこの記事を読み終わる頃には、なんで、今までこれ買ってこなかったんだろうって絶対後悔しちゃう。っで読み終わったときには、冷静にこのタンブラーを1つ買っておくべき理由がわかる。

 

そして、取り入れたあなたはこのサーモスタンブラーで飲む最高のカフェタイムを実感できるようになるはずだ。

 

  • ビールやコーヒーを美味しく飲みたい
  • キンキンに冷えたままで飲み続けたい
  • あったかいものをあったかいままで飲み続けたい
  • ミニマリスト思考

という方にはぜひ、一読していただきたい。

 

飲み物の容器について

#aittext#

 

今、ぼくは飲み物を飲む容器にこだわりがある。
なぜなら、生産性を高めるためだったり、集中するためには自分の周りや環境を常に良い状態にキープしておくべきだと気づいたからだ。

もともと、周りに囲まれているものに対して気を使ったことはない。けれど、どうせ生きていくために仕事をしていくための、時間を過ごすなら最高なものに囲まれた方がいいじゃないかと日々を過ごす中で思うようになった。

お金を出せば出すほどいい機能の商品が手に入る可能性はあるかもしれないが、そうやって今自分にできる範囲でいいからなるべくまわりのものを一つ一つこだわりのもので揃えている。

今回紹介するタンブラーも1つのこだわりをもった飲む容器ということだ。

 

サーモス真空断熱タンブラーとは?

created by Rinker
サーモス(THERMOS)
¥1,500 (2019/11/17 17:12:50時点 Amazon調べ-詳細)

ぼくが今回紹介するのはサーモス真空断熱タンブラー。ちなみに400ml2個入りを買ったのは友達が家に来た時に語らうため。

#aittext#

この商品の特徴はなんといっても真空断熱であること。

冷たさも保湿もキープし、冷たいものは冷たいまま、暖かいものは暖かいまま長時間飲める。

実際飲んだところ、夏場でも2時間程度は氷入りドリンクの氷は解けないし、冬の寒い中でもホットドリンクの温かさを1時間程度はキープしてくれた。

もちろん、各家庭の室温によってキープ時間が変動する可能性はあるが、真空断熱で長時間キープしてくれることがこのサーモスタンブラーの何よりの特徴であることは間違いない。

 

サーモスタンブラーの実物

#aittext#

サーモス 真空断熱タンブラー 2個セット 400ml ステンレス JDI-400P Sがこちら。このように届く。

 

シンプルなデザインでどのお部屋にも馴染むはずだ。

 

サーモスタンブラーをなぜおすすめするのか?

飲み物の美味しいをキープする

#aittext#

先ほどもお伝えしたようにこの目的を達成することがサーモスタンブラーの使命のようなものだ。

やっぱり、夏はキンキンに冷えたクールな状態、冬は心温まるようなホットな状態で美味しく飲みたい。

ぼくもこのタンブラーに出会えたことで飲み物を飲むという時間が楽しくなったし、美味しいなと思えることは小さくても1日の幸福度をほんのわずかあげてくれる。

そして、結露もしないため周りに水滴がつかないことも美味しいところだ。

美味しいは正義。そのための使命を全うしているこのサーモスタンブラーをぼくは全力でおすすめする。

 

デザイン

#aittext#

 

デザインの見た目も個人的にはツボである。
無機質かもしれないが、ステンレス素材を使ったスタイリッシュなデザインはどの部屋にも馴染み、作業やお仕事中にもぴったりではないだろうか。

ぼくはこのサーモス真空断熱タンブラーを手元に置くだけで仕事ができるモードに入れる。いや、その気になっているだけかもしれない笑

もちろん、デザインは好みの問題にはなるかと思うが、スマートなデザインで統一したい人にはおすすめの逸品である。

 

シンプル

#aittext#

 

シンプルというのは見た目もさることながら、どの飲み物もこれに入れた方が美味しいからという理由で飲む容器の選択肢を減らせすことができる。

今までのコップはなんだったんだろうと思うくらい、コーヒーもお酒もこの1つで飲みたくなるはずだ。実際、ぼくはお酒が飲めないので、コーヒーと水が主飲み物になるのだが、もうこのタンブラー以外に使う選択肢は見当たらない。

もちろん、こだわりのあるコップなんかは捨てられない気持ちはわかるが、結局利用しているうちに、最終的にはこのタンブラーで飲みたくなると思うので、ミニマリスト思考の人こそおすすめしたいものになる。

サーモス真空断熱タンブラーの口コミ

ここまできましたが、真空断熱といえばやはりサーモスかと頷いている人も多いかもしれない。

他にもお弁当、スープジャー、フードジャーなどの暮らしに欠かせないアイテムの人気も高いが、その中でもこのサーモス真空断熱タンブラーはamazonなどの通販サイトでも高評価を集めている。

そのコメントの一例をここでもみてみよう。

かなり前から気になっていたタンブラー
半信半疑で購入してみました。
コレ、すごいです。
買ってよかった。
今年の猛暑にもピッタリ
アイスカフェオレも炭酸水も
氷を3個入れるだけで冷え冷えのまま
薄まらずにゆっくり飲めます。
試しに氷をたくさん入れて5時間ほど放置しておいたところ半分くらい氷が溶けずに残っていました。

出典:Amazon

食器類はデザイン性に拘る妻を説得して購入。
実際に使っていくと、「これはいい買い物をした」と言われるほど「温度を保つ機能」は素晴らしいものがあります。

・夜中に入れたアイスコーヒーの氷が翌朝まだ残っている。
・食前に入れたビールが食後もかなり冷たい。
・なみなみ注いだホットコーヒーをゆっくり飲み終えるころまで暖かい。

もう普通のタンブラーには戻れないと思いました。
デザインは無骨なステンレスですが、使っていくと愛着がわきます。

出典:Amazon

1個分の価格で2個セットはお得だし、レビューが良いので購入しました。
食事の時、普段と同じ分量で、氷を数個入れ麦茶を注ぎ、食後に飲んでビックリしました!冷たっ!!前歯キーン(笑) 適当な湯飲みの蓋をして数時間後、まだ冷たい!結露なし!本当にビックリです。近々ホットも試してみます。
後は、もう少し安定感のある形で底が洗い易かったら、もう言うことナシ!ですが、それでも星5つです。
もっと早く買えば良かった。

出典:Amazon

こんな感じで肯定的なコメントが多くを占める本物保証。2018年12月時点でAmazon評価4.5以上を得ているということで信頼性も十分な商品であるといえる。

飲み物カップの固定ができていないなら買おう。

サーモスタンブラーおすすめポイントまとめ
  • 美味しい飲み物を美味しく飲める。
  • 夏場はキンキンに冷えたまま。冬場はホットで温まったまま。
  • これで飲むのが1番美味しいのでコップの選択肢が1つになり思考もクリアに。
  • 結露しないので部屋も汚れずきれいなまま。掃除するという手間がなくなる。
  • デザインもシンプルでどの部屋にも馴染むステンレス素材。

今あるコップに愛着のある方だっていらっしゃると思います。

ただ、一番美味しい状態を味わうことがその飲み物に対するリスペクトであると思っている身からすると、1つ持っていても損させないぐらい有能なものなのでサーモス真空断熱タンブラーをおすすめしたい。

大事なのは、なるべく美味しいと思う状態を作り出し、今あるこの時間にもっとわくわくすべきだと思うからです。

そのことを前提とした上で、今回の記事でサーモス真空断熱タンブラーの存在を知らなかった、また美味しい状態で飲み物をいただくことの大切さを知った方のお力添えができればぼくはうれしいです。


いつでもどこでも美味しい状態で飲めるサーモス真空断熱タンブラーを利用して、1つ1つの限りある時間を大切にしていきましょう。

 

それでは、本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。飲み物容器にこだわりを持つ男えのき(@enockey0612)がお送りしました。

 

created by Rinker
サーモス(THERMOS)
¥1,500 (2019/11/17 17:12:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥22,000 (2019/11/17 19:17:55時点 Amazon調べ-詳細)

お悩みカウンセリング。悩みを解決するにはアウトプットすることが結論である理由。

2018.12.07

100冊以上本を読んできた多読家が本を読むなら電子書籍をおすすめする3つのメリットと1つの理由。

2018.12.04

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

榎大輔(えのっきー) Photographer/メンタルトレーナー/甲子園優勝経験のある済美野球部出身/ フリーランスフォトグラファーとして活動する傍ら、自身の経験から”ひとりぼっちの味方で居続ける”をモットーに"個人がいい顔して楽しく生きる"をサポートできる人になるため奮闘中。 現在は、写真の仕事が軸。今後は映像、言葉なども通して手段を問わず、1人の心に届く表現をしていきます。
>>詳しいプロフィールはこちらから
>>写真のポートフォリオはこちらから
>>撮影依頼の詳細
>>1対1の会話はこちらから