どうも、出張撮影150件越えのプロカメラマンのえのっきー (@enockey0612)です。

今回は

  • 京都の神社でお宮参り・七五三の出張撮影をするならどこがいい?
  • 京都府八幡市にある石清水八幡宮でお宮参り・七五三の出張撮影はできるの?

という方のために京都府八幡市にある「石清水八幡宮」の撮影地情報を簡単にお伝えしていきたいと思います。

 

☑️本記事の構成

  • [お宮参り・七五三]石清水八幡宮の場所は?
  • [お宮参り・七五三]石清水八幡宮について
  • [お宮参り・七五三]石清水八幡宮でお宮参り・七五三の出張撮影はできる?
  • [お宮参り・七五三]石清水八幡宮の雰囲気
  • [お宮参り・七五三]石清水八幡宮のまとめ

 

この記事は、石清水八幡宮関係者がまとめたものではなく、出張撮影の仕事として撮影経験のあるカメラマンがまとめたものとなっています。その点だけご理解いただければありがたいです。(随時最新情報が分かれば更新予定。)

 

[お宮参り・七五三]石清水八幡宮の場所は?

#aittext#

石清水八幡宮は京都府八幡市に位置します。
八幡市駅が最寄駅です。

八幡市駅からは徒歩でもいけるのですが、地図を見てもお分かりの通り山の中。
歩いて行ったらバテちゃうと思うので、石清水八幡宮直結の男山ケーブルの利用をおすすめします。

#aittext#

こちらが男山ケーブル。4分で男山山上駅に到着します。

#aittext#

値段は片道200円。4分200円って考えたらすごく高いように感じますが、
その分いい景色を目に焼き付けて元をとりましょう!

[お宮参り・七五三]石清水八幡宮について

#aittext#

石清水八幡宮は”やわたのはちまんさん”の名で親しまれています。また、南北朝時代の大小様々な戦い、羽柴秀吉と明智光秀の天王山の合戦などで知られる政治上の重要な拠点でもあったそう。

 

そして、2016年2月には、古代に成立した荘厳な社殿形式を保持しつつ、近世的な装飾を兼備した完成度の高い神社建築として、高い価値を有していることが、評価され国宝にも指定されています。

 

基本情報を以下にまとめておきます。

  • 場所:京都府八幡市八幡高坊30
  • 主祭神:八幡大神(応神天皇、比咩大神、神功皇后の神々の総称)
  • 創建:貞観2年(860年)

 

[お宮参り・七五三]石清水八幡宮でお宮参り・七五三の出張撮影はできる?

#aittext#

撮影は可能です。ただし、境内保全協力料として5400円をお支払いいただかなければ撮影することはできません。また、ご祈祷中の撮影は不可になるのでご認識をよろしくお願いします。

[お宮参り・七五三]石清水八幡宮の雰囲気

こちらは全体の雰囲気、撮影場所の参考にしていただければと思います。

#aittext# #aittext# #aittext# #aittext# #aittext# #aittext# #aittext# #aittext#
えのっきー
美しい場所でした。また、展望台があってそこからみえる景色が最後の数枚になります。
#aittext# #aittext#

[お宮参り・七五三]石清水八幡宮のまとめ

今回はお宮参りや七五三の撮影も可能な石清水八幡宮を紹介させていただきました。

実際撮影した経験のあるカメラマンの話になるのでぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです。

ご祈祷の予約など含めて最新情報に関しては一度神社にお問い合わせいただくことをおすすめします→石清水八幡宮

 

今回撮影させていただいた写真はWEB上で非公開をご希望されるゲストさん。そのため、お見せすることはできませんが、こちらは今までぼくが撮影した写真のページになるので良かったらみてくださいね▼

 

個人でのご依頼はこちらから▽

それでは、本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
出張サービスのカメラマンとして150件以上撮影経験のあるカメラマンえのっきー(@enockey0612)が紹介しました。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

榎大輔(えのっきー) Photographer/メンタルトレーナー/甲子園優勝経験のある済美野球部出身/ フリーランスフォトグラファーとして活動する傍ら、自身の経験から”ひとりぼっちの味方で居続ける”をモットーに"個人がいい顔して楽しく生きる"をサポートできる人になるため奮闘中。 現在は、写真の仕事が軸。今後は映像、言葉なども通して手段を問わず、1人の心に届く表現をしていきます。
>>詳しいプロフィールはこちらから
>>写真のポートフォリオはこちらから
>>撮影依頼の詳細
>>1対1の会話はこちらから