「内堀醸造 美濃特選味付ぽん酢」の味はもちろんバランスのとれたポン酢なのでこれ一本持っておけば安心する方におすすめ。

どうも、えのっきー (@enockey0612)です。

今回は

  • 一人暮らしにオススメのアイテムを教えてほしい。
  • 一人暮らしの方にオススメのポン酢は何ですか?

という方のために一人暮らし歴5年の経験で見つけ出したおすすめポン酢「内堀醸造 美濃特選味付ぽん酢」を紹介してきたいと思います。

 

本記事の構成

  • おすすめポン酢「内堀醸造 美濃特選味付ぽん酢」とは?
  • おすすめポン酢「内堀醸造 美濃特選味付ぽん酢」の使い道。
  • おすすめポン酢「内堀醸造 美濃特選味付ぽん酢」
  • おすすめポン酢「内堀醸造 美濃特選味付ぽん酢」のまとめ~

おすすめポン酢「内堀醸造 美濃特選味付ぽん酢」とは?

created by Rinker
内堀醸造
¥400 (2019/11/13 20:11:47時点 Amazon調べ-詳細)

岐阜県に本社がある、内堀醸造株式会社がこだわりをもって販売しているポン酢になります。

この会社では「酢造りは酒造りから」という酢造りの理念を掲げており、酒造りの工程と酢造りの工程を分け、酢にするための酒造り、酢もろみの製造をきちんと行なっているのが特徴の一つ。

 

原材料から商品まで一貫した品質管理を行い、アルコール発酵、酢酸発酵、熟成作業を独立させ、厳しい品質管理のもとで製品を造っているからこだわりの商品ができるのです。

そして、「内堀醸造 美濃特選味付ぽん酢」の特筆すべきはAmazonサイト内での高評価。ポン酢に対して知識があるわけではないぼくは、この評価をみてポチっちゃいました。

えのっきー
 これだけの人が言ってたら大丈夫ですね

アマゾンでの評価だけで選ぶのは危険と思われるかもしれませんが、ホームページを見る限りでも熱心に酢製品を作り上げている姿勢が伝わってきます。

高評価を得るにふさわしいこだわりのあるポン酢が「内堀醸造 美濃特選味付ぽん酢」なのです。

おすすめポン酢「内堀醸造 美濃特選味付ぽん酢」は何がいいの?

このポン酢の良さはズバリ”バランス”です。

酸味と甘みの加減がちょうどいい。すだち果汁とゆず果汁のさわやかな柑橘果汁、利尻昆布と枕崎かつお節の一番だしとの旨味バランスがすごくいいんです。

ポン酢商品でよくありがちなのは、ゆずの香りや酸味が強すぎたり、醤油の辛さが目立つもの。

ちなみに、ぼくはゆずの香りや酸味が効きすぎるくらいが好きなので、今度そんなポン酢を探して試してみようと思います。 

ただ、どうしてもそのポン酢の個性が出てる感じが苦手な人もいるはず。

この「内堀醸造 美濃特選味付ぽん酢」はくせのないバランスがとれているオールラウンダーをお探しな方にぴったりなのです・

おすすめポン酢「内堀醸造 美濃特選味付ぽん酢」の使い道

前の見出しでもお話ししましたが、「内堀醸造 美濃特選味付ぽん酢」はまじでオールラウンダーです。これ一本持っているだけでいろいろな料理に応用が利きます。

酸味と甘みの加減がいいので、鍋物はもちろん、豆腐、焼き魚、揚げ物、サラダなど、何でもかけても美味しく食べられます。

 

鳥のたたき(塩とポン酢で二刀流)

 

餃子(たれとポン酢で二刀流)

ぼくは大好きなこの二品のお供として愛用。基本自分の食生活では塩とオリーブオイルでの味付けが中心なのですが、ポン酢のさっぱりした感じも好きなので、なんだかんだいってよく使っています。

基本このポン酢はどんな料理にも合うので、簡単にちゃちゃっと食べたい一人暮らしの人とかにもおすすめできますね。

おすすめポン酢「内堀醸造 美濃特選味付ぽん酢」のまとめ~

 

内堀醸造 美濃特選味付ぽん酢のまとめ
  • 内堀醸造がこだわりをもっておすすめする製品
  • ポン酢としてのバランスが抜群によい
  • 使い道が多彩でこれ一本もっておけばいろんな料理で使える

ポン酢好きな人はもちろん、本当にこれ一本持っておけばどんな料理にも活躍してくれるのでぜひポン酢お探しの方はお試しくださいね!

created by Rinker
内堀醸造
¥400 (2019/11/13 20:11:47時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

榎大輔(えのっきー) Photographer/メンタルトレーナー/甲子園優勝経験のある済美野球部出身/ フリーランスフォトグラファーとして活動する傍ら、自身の経験から”ひとりぼっちの味方で居続ける”をモットーに"個人がいい顔して楽しく生きる"をサポートできる人になるため奮闘中。 現在は、写真の仕事が軸。今後は映像、言葉なども通して手段を問わず、1人の心に届く表現をしていきます。
>>詳しいプロフィールはこちらから
>>写真のポートフォリオはこちらから
>>撮影依頼の詳細
>>1対1の会話はこちらから