どうも、えのっきー (@enockey0612)です。

今回は

  • Lovegraphカメラマンに興味がある!
  • カメラマン採用MEETUPって何?

という方に向けて、カメラマン採用MEETUPの紹介とLovegraphカメラマンになりたいなら採用MEETUPに参加したほうがいい理由について紹介していきます。

 

☑️本記事の構成

  • Lovegraphカメラマン採用MEETUPとは?
  • Lovegraphカメラマン採用MEETUPの雰囲気、様子
  • Lovegraphカメラマン採用MEETUPに参加したほうがいい3つの理由
  • まとめ

 

ところで、Lovegraphって何?という方のために、軽く紹介しておきます。

#aittext#

Lovegraphはカップルや夫婦、家族での時間に同行し写真撮影を行うウェブサービスです。

2015年2月12日に会社が設立。事の始まりは代表の駒下さんが学生カメラマンをしていたときのこと。写真のスキルがついてきて、人を幸せにするようなことがしたいなぁと思ったことがきっかけで友人カップルを撮影。

それをSNSやHPにアップしたところ公開初日にメディアに取り上げられたり、企業からコラボのお仕事が舞い込んできたことがきっかけで全国のカップルから依頼が入るようになり、自分1人では対応できないとのことから会社になったという経緯です。

 

また、リア充爆発という時代に真正面から幸せを撮る姿が話題を呼び、現在まで様々なメディアでも取り上げられてきました。

 

 

個人的にも行列のできる相談所は小さい頃からめっちゃみてたTVだったので1mmでも関われてちょっと嬉しかったです。

 

そのようなメディア、SNSなどの露出で認知度を高めたこともあり、撮影の依頼数も右肩上がりで3年で撮影したゲストさんが10000組を突破。

 

今をときめく出張撮影サービスなのです。

 

ただ、そんな嬉しい状況の中残念なことが・・・・

 

それは依頼があるにも関わらずカメラマン不足でキャンセルになるというケースです。

 

えのっきー
Lovegraphで撮影をしたい人がいるのに、キャンセルになるのは悲しすぎる。

 

それだけは絶対避けるべく、今回Lovegrahカメラマンを増やすため、カメラマン採用MEETUPが行われたのです。

 

Lovegraphカメラマン採用MEETUPとは?

名前の通り、Lovegraphで活動するカメラマンの採用を目的としたミートアップ。

 

ミートアップ???

 

の意味が恥ずかしながらよく分かっていなかったので調べてみました。

 

テーマ・地域に沿ったコミュニティのイベントをインターネット上で告知して開催する、交流会、オフ会

引用元:ミートアップ-STUDY HACKER

ということ。

つまり、交流会、オフ会という意味が含まれていることからもわかるように気軽に参加できるカメラマン採用イベントということなんですよね。

 

そして、上記のツイートにもあるようにアシスタント採用や研修もあるとのこと。こちらは今すぐにカメラマンとして活動できなくてもLovegraph内で成長できる環境が用意されているということなんです。

 

しかも受講料などの負担なし。当たり前のようにLovegraphではやっていますが、これ、すごいことですよ。

 

#aittext#

 

上の写真の面談&合否判断という項目をみるとビビってしまうのですが、もう少し肩の力抜いて参加できちゃうのがLovegraphのカメラマン採用MeetUPなんです。

 

だから、Lovegraphに興味ある人はぜひ参加して欲しいですし、Lovegraphを知らない人は代表駒下さんがnoteに書いたビジョンの掲げ方に目を通してまずはLovegraphを1mmでも知ってもらいたいです。

 

Lovegraphカメラマン採用MEETUPの雰囲気、様子

こちらではLovegraphカメラマン採用MEETUPの雰囲気、流れなどをお伝えしていきます。

Lovegraphカメラマン採用MEETUPの流れ
  1. ラブグラフについての説明
  2. 面接&合否判断
  3. 写真レビュー会

1ラブグラフについての説明。

#aittext#

まずは、スライドショーとともにLovegraphについての説明を聞きます。
眠たくなりそうな環境ですが、最後まで聞いてくださいね。

 

2面接&合否判断

#aittext#

次に、面談担当者との面接&合否判断。当日唯一の持ち物としてお願いしているご自身が過去に撮影した10枚ほどの写真を面談担当者の方にみてもらいます。

最初にもお伝えしましたが、ここで合格がでなかったとしても落ち込む必要はないです。

 

#aittext#

これは面談の待ち時間。お手伝いにきているLovegraphカメラマンになんでも質問できちゃいます。

 

3写真レビュー会

#aittext#

ここでは参加者の方の写真で際立ったものがあったらそれを紹介します。

 

Lovegraphカメラマン採用MEETUPに参加したほうがいい3つの理由

  1. Lovegraphというサービスの魅力を知れる
  2. 世界で2位になった世界を知る方からのアドバイス
  3. 手伝いに来ているLovegrapherがやさしい

1Lovegraphというサービスの魅力を知れる

#aittext#

まず、写真を通して人を幸せにするというLovegraphのビジョン、コンセプトは聞くだけで勉強になります。

他の出張撮影サービスも調べたりしたのですが、ここまで明確かつシンプルで素敵なビジョンは聞いたことがありません。(Lovegraphに所属しているから余計おもうのだと思いますが)

 

それに、Lovegraphの”人を幸せにする”ってみんなの夢だからすごい。なぜなら、人を幸せにできる人って自分も幸せじゃないとできないから。つまり、Lovegraphの夢を叶えることって自分の夢を叶えているようなものなのです。

 

カメラマンとして採用されなくても、そんなLovegraphのサービスの想いを知れるだけで参加する価値があるんじゃないかなと思います。

 

2世界で銀賞を受賞したえーちんさんに写真をみてもらえる。

#aittext#

これすごいことですよね。

 

えーちんさんはLovegraphを引っ張るカメラマンであることはもちろんのこと2017年NY最大の国際写真コンテストipa2017のウェディング写真部門で日本人唯一の銀賞に輝いた実績の持ち主なんです。

 

そんな方に面談をしていただき、写真まで評価してもらえる。これほど贅沢な時間はないでしょう。

 

Lovegraphだけでなく、世界を代表するphotographerに写真を見てもらうことは間違いなく、今後の写真活動にいい影響を与えてくれるはずです。

 

3手伝いに来ているLovegrapherがやさしい。

#aittext#

Lovegraphのいいところの一つだと思うのですが、仲間であるLovegrapherの方が参加者に対してとてもやさしいんですよね。

その理由は参加者の気持ちがわかるからだと思います。もともと自分も同じような立場でLovegraphに応募してカメラマンになった人が大半だからです。

 

そういった参加者の気持ちがわかるLovegrapherには、ぼくも今でもお世話になりっぱなし。つい先日もLovegraph内のchatでカメラ機材関して質問したら自分の質問以上の回答をしてくださってびっくりしました。

本当にびっくりしたので

えのっきー
なんでそこまで丁寧に回答していただけるんですか?
って聞いたんですよ

すると

自分が質問した時に回答がなくて悲しかったから、同じ目にあわせちゃいけないと思って

と言っててすごく感動しました。ちなみにこの回答をしてくださったのは関東Lovegrapherのひのけんさん。

 

まだお会いしたこともないのですが、この場を借りて改めて感謝の気持ちが伝わればと思います。

そうやって、自分の経験を次の人たちへ活かしてもらうためのやさしさがあふれるLovegrapher。

 

1人で参加するのはすごく勇気のいることだと思いますが、このようなやさしいLovegrapherのひとたちばかりなので安心して参加していただければと思うのです。

 

まとめ

#aittext#

Lovegraphカメラマン採用ミートアップについての情報はいかがでしたでしょうか?

興味はあるけど一歩を踏み出せなかったという人こそ、今回の記事を参考にしていただければと思います。

最後に、やっぱり大事になるのは人間力じゃないかなと思うので、そこを大切にして一度参加してみてください。

 

すぐにでも参加してみたいと思った方はこちらからどうぞ▼
Lovegraph採用面談エントリシート

 

それでは、今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
えのっきー (@enockey0612)でした。

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

榎大輔(えのっきー) Photographer/メンタルトレーナー/甲子園優勝経験のある済美野球部出身/ フリーランスフォトグラファーとして活動する傍ら、自身の経験から”ひとりぼっちの味方で居続ける”をモットーに"個人がいい顔して楽しく生きる"をサポートできる人になるため奮闘中。 現在は、写真の仕事が軸。今後は映像、言葉なども通して手段を問わず、1人の心に届く表現をしていきます。
>>詳しいプロフィールはこちらから
>>写真のポートフォリオはこちらから
>>撮影依頼の詳細
>>1対1の会話はこちらから