健康的になりたい人必見。栄養バランス抜群の食べものを3つの理由からおすすめする。

こんにちは、えのっきー (@enockey0612)です。
去年、LIFE SHIFT(ライフシフト) ~100年時代の人生戦略という本が話題になり、人生100年時代の到来という言葉をよく耳にするようになりました。

これからの時代で特に健康寿命は意識しなければならないと思い、まず食事から見直してみようと僕も取り組んできました。

そこで、今回は見直した食事で、今では自分にとって必要不可欠になった食べ物を紹介したいとおもいます。

オススメの食品は何?

その食品は玄米です!僕は白米から玄米に1年前にフルモデルチェンジしました。継続的に食べる中で玄米は一人暮らしのひとにこそおすすめしたいものだなと実感しています。

なぜなら、一人暮らしの人って自分でやらなくちゃいけないことが多いから。

体にいいもの取り入れたいと思っても、色々揃えたらお金かかるし、体の栄養を考えた食事をいちいち考えるのはしんどいじゃないですか。

その結果、いつのまにか惣菜買ってきたり、吉野家で済ませたり、カップ麺ですませたりしがちになる。

もともと僕もそうだったんですけど、そんな悩みを玄米が全て補ってくれたので、三つの理由からオススメしたいとおもいます。

1栄養面

サプリメントで栄養摂取できる時代ですが、僕ら日本人のDNAに息づいているのはやはり米。だから玄米はおすすめなんです。

そして何より玄米の良さは白米と違って完全食
完全食は健康を維持するために必要な栄養素を含んでいます。

米を食べた感があって、栄養素もとれる一石二鳥さ。このお得感が僕が何より玄米を推す理由です。

理想を言えば、玄米食をとりつつ、足りないところをサプリメントで補うのがいいかな。

2楽

玄米は、食事に対する思考を極限まで削ぎ落としてくれる。

なぜなら、これひとつたべておけば栄養面は安心だとおもえるから。とりあえず困ったら炊飯器ぽちっで炊いた玄米たべておけば大丈夫。

この安心感が食事を楽にさせてくれて、僕は時間の余白がうまれました。

3腹持ち

玄米は腹持ちがいいんです。だからお腹が空きづらくなります。その理由は、GIと呼ばれる糖質の吸収度の低さ。玄米は低GIの食品なんです。

GIが低いことで血糖値が緩やかに上昇し下降。
いっぽう白米などは高GIの食品にあたり、食事後、血糖値はすぐ上昇。そして下降もはやい。

つまり、集中力が持続しない原因のひとつに食品のGIによる影響があるということです。

感覚的な部分もありますが白米を食べてた頃よりも、玄米をたべるようになって集中力が持続するようになったので、とても大きなメリットだと実感しています。

味はどうなの?

「玄米はまずい」

昔食べた玄米がおいしくなかった思い出があったので僕もそこが気になっていました。

でも、最近の玄米は美味しくなっていますね。ネットが普及していろいろ美味しいのものをすぐに探せるようになったからですね。中でも富山のドリームファームさんはおすすめです。

レビューを見てもらったら納得すると思うのですが、まじでここの玄米はうまいです。僕的に白米とは別次元のうまさをここの玄米に感じました。玄米のくさみというか独特な雑草感がない。そして白米を食べた後に感じてた気だるさもなし。

玄米と白米どっちのほうがうまいかといったら味は白米がうまいと答える人が大半でしょう。確かに外食でたまに白米食べると、「白いご飯やっぱうめぇー」 ってなります。

でも、玄米に抵抗あるひとこそ、うまい玄米を一度食べてみてほしいです。
総合力で見てどっちがいいか。僕の中では玄米が圧倒的に勝ち。

食べ方

1家の炊飯器に大抵ある玄米モードに設定して炊く。 炊く前に半日ぐらい水につけて炊いたらなおよしです。(発芽玄米となって栄養素UPするから。)

2主食の位置付けで玄米を食べます。ただ一緒に食べるおかずは好きなもの。玄米が人間に必要な栄養素を含んでいるので、安心して好きなものが食べられるんです。

そして、玄米があきたひとにおすすめする僕流の食べ方が、玄米にオリーブオイルかけて海苔で巻いて食べるです。
味気ない玄米に海苔の塩加減をオリーブオイルが引き立てて旨味を倍増。健康的でなおかつ美味しく食べられておすすめです。

他にも玄米を美味しく食べる方法を知っている方いればおしえてください.

あと炊飯器にもこだわりたい方はこちらがおすすめみたい→超高圧・酵素玄米炊飯器 酵素玄米Pro2 非IH式 4合 ふじ酵素玄米キッチン純正品   値段的には一度お財布と相談。 僕ものちに導入検討します!

玄米愛好家も多い

芸能人、スポーツ選手など健康な体が必要不可欠な仕事をする人に玄米愛好家は多いです。

そのなかでもハイパーメディアクリエイターの高城剛さんの食事が印象的。ほぼ玄米しか食べないそうです。

一日、2食は玄米のみ。
おかずもみそ汁もなにもなし。
ごま塩だけをふって、ただ玄米だけを食べる。

もう何年もこのような食事を続けていると、
すこぶる体調はいいし、太る事もない。
そしてなにより、味覚が敏感になる。

恐らく、味覚が敏感になるということは、
他の感覚もそれなりに鋭敏になっているのだろうし、
実際、直感のようなものが、それなりに冴えているような自負も芽生える。
引用http://blog.honeyee.com/ttakashiro/archives/2013/05/15/post-259.html

実は僕もこの高城さんを参考にして、玄米を食べ始めました。
流石に玄米のみでまだ生きられていないですが、この感覚が共有できた気にはなってます笑

まとめ

ここまで玄米のこと勧めてきましたが、体質の関係上合わない人もいるらしいので結局は自分に合うかが大事。

僕の場合はピッタリ玄米がハマった感じです。

とりあえず、今の食事をそろそろ見直したいなと思っていた人や色々考えるのは苦手だと思っている人には玄米の主食化検討はおすすめだと思うので、ぜひ一度玄米食をおためしください。

そして最初にも話したように、特に僕らは100年生きると言われている時代の人。どうせ長く生きるなら、健康的に生きたいじゃないですか。自分自身の健康管理が必須なこれからの時代に合わせてこの機会に食事の観点から見つめ直しましょう。

最後に、ここの玄米はほんまにうまいのでもっかいリンク貼っておきますね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

榎大輔(えのっきー) Photographer/メンタルトレーナー/甲子園優勝経験のある済美野球部出身/ フリーランスフォトグラファーとして活動する傍ら、自身の経験から”ひとりぼっちの味方で居続ける”をモットーに"個人がいい顔して楽しく生きる"をサポートできる人になるため奮闘中。 現在は、写真の仕事が軸。今後は映像、言葉なども通して手段を問わず、1人の心に届く表現をしていきます。
>>詳しいプロフィールはこちらから
>>写真のポートフォリオはこちらから
>>撮影依頼の詳細
>>1対1の会話はこちらから