どうも、こんにちは。引き続きえのっきー先生です。
引き続きいきってる写真もお許しください。

さて、今回は

  • メモアプリは何がいい?
  • 紙のメモをこれから使う意味はある?
  • メモのやり方が構築されていない

人に向けてのアドバイスとして、メモアプリのevenote推しの理由。髪パソコンと紙のメモやアウトプットの使い分け、また紙がアウトプットの手段としておすすめな理由を今回の記事で、自身の体験談を交えてお伝えしていきます。

 

オススメのメモアプリはevernote

evenoteのミッションはすべてを記憶するなんですが、その言葉通り脳だけでは記憶できない第二の脳として使い方がおすすめです。

その理由は、メモアプリとして管理するための機能が備わっている点。

実際他のメモアプリとかって、メモだけして後々に呼び出すことを想定した仕様じゃないんですね。
けれど、Evernoteはタグですぐ呼び寄せることもできるし、スタックという項目にノートブックをまとめられたりするので、管理がすごくしやすいです。

ただ、一つ注意点。それは重いと感じることが多々あることです。
いろいろネットでも調べましたが、具体的な解決案はみつかっていません。

けれど、それ以外に不満は感じていないのでこの辺はアップデートして改善されることを祈ってます。

 

アプリもあるし、もう紙でメモをする理由はないんじゃない?

さて、オススメのメモアプリも紹介したところで、もうそろそろ紙のメモを利用していく意味がわからなくなってきました。
実際、使われるシーンは減ってきているかと思います。今やペンでスマホに書き込める時代ですからね。また、紙と違ってゴミにもならないし。

ただ、電子メモを徹底的に使ったうえで、紙と電子メモの使い分け方法、さらにアウトプットの手段として紙を使うべき納得できる理由をみつけました。

後々は紙でメモする未来がなくなっている可能性はありますが現時点で、紙のメモをオススメする理由を今回導き出したので、ぜひ参考にしていただければと思っています。

 

紙と電子のメモの使い分け(今後もアップデートします)

まず、電子と紙をメモとして使う中でその特徴を考えたんです。

スマホやパソコン。メモとして利用する際の特徴
  • すぐにどこでもできるし、だせる。
  • スマホなら片手あればできる。
  • 物理的に増えない
紙。メモとして利用する際の特徴
  • ペンさえあれば自分のおもうようにかける。
  • 自由度高い。
  • 物理的に残るもの。

で、今までぼくが電子メモにこだわってきた理由が、記録用としてのメモの使い方しかしていないからでした。なので紙にメモをするわからなかったんですね。てか、紙じゃなくてホワイトボードでもいいです。

 

created by Rinker
¥2,090 (2019/11/13 19:30:26時点 Amazon調べ-詳細)
しかし最近。この本でデジタル部屋とアナログ部屋でやろうとする仕事の種類わけているという内容を目にして、アナログ部屋、つまり紙にメモを書くような場所、時間をつくってみました。

 

その結果だけ言うと、とても有益なものだったんです。

 

そこから、アナログとデジタルを使い分けていくうちに、なぜ紙などのアナログ時間、場所を使い分けた方がいいのか、その理由がわかったので次で述べています。

紙に書くアウトプットをおすすめするのは余計な物をシャットアウトできるから。

そう、余計なものをシャットアウトできるからです。理由は、紙と自分だけという形で、向き合うべき対象の選択肢が減るからです。

電子機器でももちろんメモはできますが、紙に比べて選択肢があまりにも多すぎます。

 

例えば電子機器にメモの場合↓

スマホorパソコンを立ち上げる→ディスプレイ凝視する→ツールが目に入る→考える→キーボードうつ→メモ

という手順が必要ですね。

 

一方、紙にメモの場合

紙用意→考える→ペン握って書く

で終了。

 

やっぱり、シンプルにすればするほど、選択肢を減らせば減らすほど人は集中力を発揮しやすくなるというのが実感です。その選択肢を減らすべき理由については、この記事の内容でも取り上げているので参考にどうぞ。

100冊以上本を読んできた多読家が本を読むなら電子書籍をおすすめする3つのメリットと1つの理由。

2018.12.04

特にアイデアだったりクリエイティブな時間を創出したいなら紙のメモはおすすめです。ぼくはそうやって使い分けをするようになって、好きな時間になりました。

 

紙に書き出すという行為は悩みも消す

アウトプットが悩み消すということに関してはこちらの記事でまとめています。

お悩みカウンセリング。悩みを解決するにはアウトプットすることが結論である理由。

2018.12.07

紙に書き出すことも人の悩みを解決するためにも最適な手段になるでしょう。

ただ、インプットあってのアウトプットだと思うので、本や調べた情報で悩みの解決方法をインプットしつつ、そこから自分なりに噛み砕いてアウトプットに時間をかけるという流れをおすすめします。

まとめ

おすすめのアプリも含めてすべてのものがデジタル化する流れは加速していくはずです。ですが、以上の理由から、現段階でぼくは電子機器ではなく、あえて紙にメモをする時間を作り出しています。

あくまでも、一つの選択肢としての提案なので、ご参考までにですが、メモアプリ、使い分け、紙メモの有効活用方法がわからなかった方には是非とも参考にしていただければと思います。

それでは、本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
悩みを解決することにはまっているえのっきー先生 (@enockey0612)でした。

created by Rinker
¥2,090 (2019/11/13 19:30:26時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,540 (2019/11/13 19:30:27時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

榎大輔(えのっきー) Photographer/メンタルトレーナー/甲子園優勝経験のある済美野球部出身/ フリーランスフォトグラファーとして活動する傍ら、自身の経験から”ひとりぼっちの味方で居続ける”をモットーに"個人がいい顔して楽しく生きる"をサポートできる人になるため奮闘中。 現在は、写真の仕事が軸。今後は映像、言葉なども通して手段を問わず、1人の心に届く表現をしていきます。
>>詳しいプロフィールはこちらから
>>写真のポートフォリオはこちらから
>>撮影依頼の詳細
>>1対1の会話はこちらから