自分の強みを知るための手段としておすすめな診断が「ストレングスファインダー」です。

診断結果を改めてみて、自分を分析するとしっくりすることがあったのでシェアします。

この記事では、

  • 自分のなぜを知りたい
  • 自信を取り戻したい

という方の悩みを解決に導くための参考にしていただければと思います。

ストレングスファインダーとは何?

ストレングスファインダーとはギャラップ社が40年にわたって行ってきた「人間の強み」に関する研究に基づいて人々に共通する34の資質を言語化し、それを発見するために開発されたツール。

177問の質問に答えることで34種類の資質の中から自分を特徴づけるTOP5の資質を知ることが出来る診断です。

2017年末の段階で、全世界1700万人以上がストレングスファインダーを活用した診断を受講していて、個人の才能を伸ばしたり企業内でのマネジメントに使用されたりと様々な用途に使われています。

引用元:ストレングスファインダーとは何か?

ストレングスファインダーのやり方はどうするの?

ストレングスファインダーを受けるには3つの方法があります。

  1. アクセスコードが付属されている本(kindleはない)を購入する
  2. 米国ギャラップ社の公式サイトでアクセスコードを購入する
  3. ストレングスファインダーのアプリでアクセスコードを購入する

費用はどれも約2000円ぐらい。

このなかでも本の購入はおすすめです。
というのも、人間がもつ強みという原理原則が記載された内容の本はいつの時代も適用できるものだからです。

普段はkindleでしか読みませんが、自分に自信をつけさせてくれる内容なので、紙でもいいかとおもっています。

もちろんどの購入方法を選んでもらっても大丈夫ですが、いい内容のものは本でもちましょう。

ということで本を購入するならこちらの新版です。

ぼくは一つ前の本をもっていますが、アップデートされている新版を迷わず購入しましょう。

本には34の資質の活かし方などが書かれています。

診断をするために必要なアクセスコードは本の最後にあるので
これをウェブサイトで打ち込んでくださいね。

 

ストレングスファインダー診断までのステップ

ステップを以下にまとめたのでこちらをご参考に。

  1. 本を購入(コードが1度きりなので中古では買わないように)
  2. 本に記載されているウェブサイトにアクセス
  3. 本に添付されている診断コードを入力
  4. 177の質問に30分程度で答える
  5. 質問の答えから5つの強みが分かる
  6. 強みの活かし方を本で学ぶ/li>

質問で考えすぎてしまうこともあるかもしれませんが、そんなときは直感で素直に答えていきましょう。

ストレングスファインダーの診断結果

スクリーンショット 2019 01 08 15 45 46

この5つがぼくの資質でした。

ただ、そのまま、資質があるんだなぁで終わらすのはもったいない。そこで、ぼくはその資質を強みにするため、世のため人のためにどう活かせるかという観点から考えてみました。

 

こちらの上の写真にある”強みのインサイトガイド”が先ほどの資質をさらに深く分析したものになるので参考にしていきます。

共感性〜相手の気持ちを理解

これがえのっきーが持つ一番の資質。
確かに人の気持ちだったり、その人の心の底を知れた時に喜びや感動を感じて今まで生きてきました。

 

だから、今仕事の中心となっている人を撮る写真でもそこができているから、今まで4年もつづけてこれたのかなとおもうのです。

 

これをもっと具体的に落とし込み、人の気持ちを理解するという自分の生きがいを追求していくことがぼくの人生の使命なはず。

最上志向~相手の1番の強みを引き出す


常に、その中で平均以上の存在、もしくは突き抜けた存在であろうとする。

優秀だとかだけでなく、何か人と違う事をしておかないと耐えられないのも、そこからきているのかなと思うのです。

これは、ぼくだけでなく、周りの人やものを見ていても思うこと。

ですので、そんな人の1番の強みを引き出せるような写真を撮りたいと思うし、その人の良さを引き出すために時間を使うべきだとおもうのです。

社交性〜どんどん人に会うのが好き

もう書いている通り。
特に知らない人と会うこと好きなんですよね。どんどん新しい価値観を取り入れたいし、そこでお互い心を許しあえる関係になりたいし、なれると思っています。

ただ、その逆で、ずっと一緒に同じところや人といるのは苦手なのかもしれません。
ぼくのなかでおそらく友情は過ごす時間じゃなくて心が繋がっていたらOKみたいな感じです。

人類皆友達だと真剣に思っているからこそ、人と人とをつなぐ架け橋のような人間になりたい。

 

包含〜周りを受け入れる


誰か一人が辛そうにしているのが耐えられない。

これは高校時代から大事にしていること
というのも自分が昔そのような思いをして嫌な気持ちになったからなんですね。

だから、グループを作ってそこだけの閉鎖的な空間みたいなのをみるのがとても苦手。

なので、ぼくは誰もが主役になれるようなそんな場所をこれから作りたいと思っています。

 

運命思考〜人類全体に対して深い繋がりを感じている

これもまさに大事にしたいこと。
みんな心で繋がっている存在だと思っているからこそ、ある意味どんな状況になっても楽観的なんだとおもうのです。

 

まぁそうじゃないと、何も考えず大学卒業してすぐフリーランスで生きていくみたいな、ちょっと無謀な挑戦はできませんよね。

 

なので、ぼくの楽観的な生き方をみて心救われる人を増やしたいのです。このブログもそこを伝えたいのもあるからな。

 

5つの資質を踏まえて

自分の資質は人間関係構築力3つ。影響力資質2つというなんとも偏りのある結果でした。
簡単に言うと、人と繋がりたくて人に影響を与えたいという資質を強みとすれば力を発揮する人間です。

実行力、戦略的思考力は5つのなかにはなし。恥ずかしくてしょうがないですよ。

まぁそこは素直に受け止めて、この資質を活かす生き方を考えなくちゃなと思う次第です。

まとめ:ストレングスファインダーは自信を取り戻せるけどそれを活用しないと意味ないよ

ストレングスファインダーは受講するだけではもったいない。

自分の資質を知り、それを強みとして人や世のためにどう活用できるかが大事だからです。

 

なので、昔やったけど、活かせてないかもと想う人はもう一度その点を意識して読み直してください。まだ診断を受けたことのないかたはこちらからどうぞ〜

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

榎大輔(えのっきー) Photographer/メンタルトレーナー/甲子園優勝経験のある済美野球部出身/ フリーランスフォトグラファーとして活動する傍ら、自身の経験から”ひとりぼっちの味方で居続ける”をモットーに"個人がいい顔して楽しく生きる"をサポートできる人になるため奮闘中。 現在は、写真の仕事が軸。今後は映像、言葉なども通して手段を問わず、1人の心に届く表現をしていきます。
>>詳しいプロフィールはこちらから
>>写真のポートフォリオはこちらから
>>撮影依頼の詳細
>>1対1の会話はこちらから