人生の意味は完全なる後付け。生まれて死ぬだけだ

生きている意味ってなんだろう?

って誰もが1度は考えたことがあると思う。

でも、はっきり言っておくと、人生に意味なんてものはない。

それは、人間を俯瞰的にみたらわかる。

この世に生まれて、そこから死に向かうだけだからだ。

この言葉だけみれば味気ない気がする。

だから、その生まれて死ぬの事実を大前提とした上で自分の生きている意味を考えるのはいいと思う。

生きていく中で様々な経験をして、これだけは大切にしたいものが見つかればそれを大切にして生きたらいい。

もちろん、見つからなくても全然問題なし。

なにはともあれ楽しくいい顔をして生きていければそれでいいのだと思う。

最後に

楽しくいい顔して生きられているか?

この問いに対して、YESの人はそのペースで全力で楽しんでいこう。

答えがNOの人は、煮えたぎる想いが心の奥底に眠っているのだろう。

モヤモヤが晴れないのは、おそらくあなたの人生で大切にしたいもの、あなたが生きることを見出すものが見つかっていないからだ。

ぼくもそうだったからこそ、今度はサポートができるように能力を高めていく。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

榎大輔(えのっきー) Photographer/メンタルトレーナー/甲子園優勝経験のある済美野球部出身/ フリーランスフォトグラファーとして活動する傍ら、自身の経験から”ひとりぼっちの味方で居続ける”をモットーに"個人がいい顔して楽しく生きる"をサポートできる人になるため奮闘中。 現在は、写真の仕事が軸。今後は映像、言葉なども通して手段を問わず、1人の心に届く表現をしていきます。
>>詳しいプロフィールはこちらから
>>写真のポートフォリオはこちらから
>>撮影依頼の詳細
>>1対1の会話はこちらから